[Unicode]  ユニコードとは何か? Home | Site Map | Search
 

ユニコードとは何か?

ユニコードは、すべての文字に固有の番号を付与します
プラットフォームには依存しません
プログラムにも依存しません
言語にも依存しません

コンピューターは、本質的には数字しか扱うことができません。コンピューターは、文字や記号などのそれぞれに番号を割り振ることによって扱えるようにします。ユニコードが出来るまでは、これらの番号を割り振る仕組みが何百種類も存在しました。どの一つをとっても、十分な文字を含んではいませんでした。例えば、欧州連合一つを見ても、そのすべての言語をカバーするためには、いくつかの異なる符号化の仕組みが必要でした。英語のような一つの言語に限っても、一つだけの符号化の仕組みでは、一般的に使われるすべての文字、句読点、技術的な記号などを扱うには不十分でした。

これらの符号化の仕組みは、相互に矛盾するものでもありました。二つの異なる符号化の仕組みが、二つの異なる文字に同一の番号を付けることもできるし、同じ文字に異なる番号を付けることもできるのです。どのようなコンピューターも(特にサーバーは)多くの異なった符号化の仕組みをサポートする必要があります。たとえデータが異なる符号化の仕組みやプラットフォームを通過しても、いつどこでデータが乱れるか分からない危険を冒すことのなるのです。

ユニコードはすべてを変えます

ユニコードは、プラットフォームに係わらず、プログラムに係わらず、言語に係わらず、すべての文字に独立した番号を与えます。ユニコード標準は、アップル、ヒューレットパッカード、IBM、ジャストシステム、マイクロソフト、オラクル、SAP、サン、サイベースなどの産業界の主導的企業と他の多くの企業に採用されています。ユニコードは、XML、Java、ECMAScript(JavaScript)、LDAP、CORBA 3.0などの最先端の標準の前提となっており、ユニコードを実装すれば、ISO/IEC 10646に適合することになります。ユニコードは、多くのオペレーティングシステムとすべての最新のブラウザーと他の多くの製品でサポートされています。ユニコード標準の出現とユニコードをサポートするツール類は、昨今顕著になっているソフトウエア技術のグローバル化の流れに対して、特に役に立っています。

ユニコードをクライアントサーバー型のアプリケーションや、多層構造を持つアプリケーション、ウェブサイトなどにに組み込むことで、従来の文字コードセットを用いるよりも明らかなコスト削減が可能です。ユニコードは、単一のソフトウエア製品、単一のウェブサイトに、何ら手を加えることなく、複数のプラットフォーム、複数の言語、複数の国をカバーすることが出来るのです。ユニコードは、データが多くの異なるシステムの間を、何の乱れもなしに転送することを可能とするのです。

ユニコードコンソーシアムについて

ユニコードコンソーシアムは、最新のソフトウエア製品と標準においてテキストを表現することを意味する“ユニコード標準”の構築、発展、普及、利用促進を目的として設立された非営利組織です。同コンソーシアムの会員は、コンピューターと情報処理に係わる広汎な企業や組織から構成されています。同コンソーシアムは、財政的には、純粋に会費のみによって運営されています。ユニコード標準を支持し、その拡張と実装を支援する世界中の組織や個人は、だれもがユニコードコンソーシアムの会員なることができます。

より詳しいことをお知りになりたい方は、Glossary, Technical Introduction および Useful Resourcesをご参照ください。

Japanese translation by Tatsuo L. Kobayashi